2017年06月24日

フィンランド・ノルウェー遠征−5A

今日は島に渡ります
船の時間の関係で、朝はゆっくりです

8:00朝食
9:30スタート

船着き場はホテルの近くです
歩いて向かいます
乗船の注意事項のレクチャーを受けて、
10時の出船
10分程で島に到着
船着き場周辺の海面ではウミガラスとヒメウがお出迎え
島の岸壁一面にはウミガラスとヒメウが夥しい数、張り付いています
この島は、これらの鳥の繁殖場所になって居る様です
島内は石がゴロゴロして、しかもぬかるんでいて非常に歩きずらい


残念なのは、ニシツノメドリが繁殖時期と言う事で、
繁殖場所には入ることが出来ません
ウミガラスの繁殖場所に1羽のニシツノメドリを発見しますが、
身体が泥で汚れていてがっかり
島から離れる時間が迫って来ました
その時同行の方が、綺麗なニシツノメドリを見つけて呉れました
勿論、夢中でシャッターを切り捲りました


<5月13日撮影>


この船で島に向かいます

IMG_7316.jpg


島の様子

IMG_7319.jpg


この様に、海面をウミガラスが埋め尽くしています

ウミガラスの群れ(ハシブト、オオハシも交じっています)(Common Guillemot)1
AZK_3897.jpg


此処からは、島の様子です

ウミガラスの群れ(ハシブト、オオハシも交じっています)(Common Guillemot)2
AZK_3805.jpg

ヨーロッパヒメウの群れ(European Shag)1
AZK_3810.jpg

ウミガラスの群れ(ハシブト、オオハシも交じっています)(Common Guillemot)3
AZK_3818.jpg

ヨーロッパヒメウ(European Shag)1
AZK_3827.jpg

ヨーロッパヒメウ(European Shag)2
AZK_3828.jpg


見つかったニシツノメドリなんですが、営巣中の様でお腹が真っ黒です

ニシツノメドリ(Puffin)1
AZK_3833.jpg

ニシツノメドリ(Puffin)2
AZK_3836.jpg

ニシツノメドリ(Puffin)3
AZK_3848.jpg

ヨーロッパヒメウ(European Shag)3
AZK_3850.jpg

ヨーロッパヒメウ(European Shag)4
AZK_3867.jpg

オオハシウミガラス(Razorbill)1
AZK_3872.jpg

ウミガラスの群れ(Common Guillemot)4
AZK_3877.jpg

ヨーロッパヒメウ(European Shag)5
AZK_3884.jpg

ウミガラスの群れ
AZK_3894.jpg

ウミガラスの群れ(ハシブト、オオハシも交じっています)
AZK_3902.jpg

ヨーロッパヒメウ(European Shag)6
AZK_3905.jpg

オオハシウミガラス(Razorbill)2
AZK_3930.jpg

オオハシウミガラス(Razorbill)3
AZK_3955.jpg

ヨーロッパヒメウの番(European Shag)1
AZK_3964.jpg


巣材を運んでいます

ヨーロッパヒメウ(European Shag)7
AZK_3983.jpg


巣作りをしている様です

ヨーロッパヒメウの番(European Shag)2
AZK_3968.jpg

ハシブトガラス(Brunnich’s Guillemot)
AZK_3986.jpg

EOS−1DXMK2
EF500ミリUF4.0
エクスエンダーVX1.4
撮影パラメーター ISOオート、マニュアル露出、スポット測光、WB(オート)、700ミリ、CC2017
P0WER SHOT S120
posted by こーぼう at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック