2017年06月22日

フィンランド・ノルウェー遠征−4B

前回からの続きです

トンネルの入り口、一方通行なので反対側の車が通過するまで待ちます

IMG_7287.jpg


トンネルの脇にトレーラーの荷台部分が縦になってワイヤーで
固定されているようですが、何のためなんでしょうか

IMG_7285.jpg

トンネル内1
IMG_7275.jpg


5月と言うのに、辺りは一面の雪景色
やはり、北極圏ならではですね

車窓からの風景1
IMG_7277.jpg

車窓からの風景2
IMG_7279.jpg

車窓からの風景3
IMG_7280.jpg

車窓からの風景4
IMG_7282.jpg


今日も会えたケワタガモ、仲間はどうしたんでしょうか

ケワタガモ(King Eider)1
AZI_2860.jpg


図鑑でも分かりませんでしたが、首に線が入っています
こういう格好をしてくれたので分かりました

ケワタガモ(King Eider)2
AZI_2861.jpg

ケワタガモ(King Eider)3
AZI_2877.jpg

アオカワラヒワ(European Greenfinch)1
AZI_2993.jpg

アオカワラヒワ(European Greenfinch)2
AZI_2997.jpg

アオカワラヒワ(European Greenfinch)3とイエスズメ(House Sparrow)
AZI_3004.jpg

ヒシクイ(Bean Goose)
AZI_3051.jpg


それにしても、良く見掛けます

ミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)
AZI_3083.jpg

ミツユビカモメの群れ(Kittiwake)1
AZI_3163.jpg

ミツユビカモメの群れ(Kittiwake)2
AZI_3202.jpg

ミツユビカモメの群れ(Kittiwake)3
AZI_3262.jpg

ミツユビカモメの群れ(Kittiwake)4
AZI_3312.jpg

ミツユビカモメの群れ(Kittiwake)5
AZI_3317.jpg

EOS−1DXMK2
EF500ミリUF4.0
エクスエンダーVX1.4
撮影パラメーター ISOオート、マニュアル露出、スポット測光、WB(オート)、700ミリ、CC2017
POWER SHOT S120
posted by こーぼう at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

フィンランド・ノルウェー遠征−4A

この島からさらに船に乗り、パフィン(ニシツノメドリ)の居る島へ渡る予定でした
ところが、今日は強風が吹き荒れます
島への上陸も危険と思われますので、島への上陸は明日に変更となりました
従って、本日はこの島の探索とトンネルを通って本土での探索に切り替えました

7:00朝食
8:30スタート


島内のポイントへ
海辺では、沖にケワタガモを見るが、全てはホンケワタガモの群れでした
その内、ヨーロッパムナグロ、ムラサキハマシギ等が目の前に飛んで来る
少し歩くと、魔女狩りの記念館が有り、館内を見学する
その後、トンネルを渡って本島の散策をする
ケワタガモはやはりホンケワタガモのみで、ヒメウの居る小島等を見て、
午前中の散策を終了し、ホテルに戻る


<5月12日撮影>

我々の宿泊した海岸沿いのホテル
IMG_7238.jpg


多分観光では来ないと思われたので、記念として覗いて見ました

魔女狩りの記念館1
IMG_7266.jpg

魔女狩りの記念館2
IMG_7267.jpg

魔女狩りの記念館3
IMG_7270.jpg

記念館の内部
IMG_7265.jpg

島の墓地
IMG_7247.jpg


此処からは散策です

ホンケワタガモの群れ(Common Eider)
AZI_2596.jpg

ヨーロッパムナグロ(European Golden Plover)1
AZI_2609.jpg

ムラサキハマシギ(Purple Sandpiper)
AZI_2627.jpg

ヨーロッパムナグロ(European Golden Plover)2
AZI_2633.jpg

ヨーロッパムナグロ(European Golden Plover)3
AZI_2634.jpg

ミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)1
AZI_2679.jpg

ミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)2
AZI_2690.jpg


13:00昼食
14:15午後スタート

昨日、ケワタガモが居た橋のポイントへ向かう
運良く今日も、ケワタガモに会えた
その傍には、ユキホオジロ、アオカワラヒワ、イエスズメスズメ等も居た
同行の方がカシラダカを見た様だが、その後姿は見えなかった


昼時にホテル前の海岸に、コケワタガモが上がって居た

コケワタガモ(Steller’s Eider)1
AZI_2725.jpg

コケワタガモ(Steller’s Eider)2
AZI_2729.jpg


この地では、至る所でユキホオジロを見ました

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)1
AZI_3326.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)2
AZI_2936.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)3
AZI_2932.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)4
AZI_2927.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)5
AZI_2973.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)6
AZI_2907.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)7
AZI_2916.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)8
AZI_2989.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)9
AZI_2969.jpg

ユキホオジロ♂(Snow Bunting)10
AZI_3010.jpg

EOS−1DXMK2
EF500ミリUF4.0
エクスエンダーVX1.4
撮影パラメーター ISOオート、マニュアル露出、スポット測光、WB(オート)、700ミリ、CC2017
POWER SHOT S120
posted by こーぼう at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユキホオジロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

フィンランド・ノルウェー遠征−3C

前回からの続きです


主目的の一つだった、ケワタガモ
正しく名前の通り綺麗な鳥さんで、カモの中の王様です
それにしても、この一羽残って居て呉れて、大変助かりました


ケワタガモ♂(King Eider)1
AZI_2045.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)2
AZI_2050.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)3
AZI_2058.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)4
AZI_2082.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)5
AZI_2096.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)6
AZI_2097.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)7
AZI_2098.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)8
AZI_2107.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)9
AZI_2113.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)10
AZI_2116.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)11
AZI_2117.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)12
AZI_2120.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)13
AZI_2126.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)14
AZI_2131.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)15
AZI_2134.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)16
AZI_2165.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)17
AZI_2187.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)18
AZI_2218.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)17
AZI_2220.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)18
AZI_2226.jpg

ケワタガモ♂(King Eider)19
AZI_2246.jpg


いよいよ、我々に気付いた様で、飛んで行きま

ケワタガモ♂(King Eider)20
AZI_2280.jpg

シロカモメ(Glaucous Gull)1
AZI_2436.jpg

シロカモメ(Glaucous Gull)2とオオカモメ(Great Black−backed Gull)
AZI_2444.jpg

シロカモメ(Glaucous Gull)3
AZI_2459.jpg

ホンケワタガモの群れ(Common Eider)1
AZI_2544.jpg

ホンケワタガモの群れ(Common Eider)2
AZI_2551.jpg


この鳥さんは、本当に良く見掛けます

ミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)
AZI_2567.jpg

ハイイロガン(Greylag Goose)
AZK_3647.jpg


この鳥の群れ、全てユキホオジロです
日本なら、1羽でも入ったら大騒ぎですが、
此処では、500羽、1000羽単位で群れています
居るところには居るものだと、驚かされました

ユキホオジロの群れ(Snow Bunting)1
AZK_3693.jpg

ユキホオジロの群れ(Snow Bunting)2
AZK_3738.jpg

EOS−1DXMK2
EF500ミリUF4.0
エクスエンダーVX1.4
撮影パラメーター ISOオート、マニュアル露出、スポット測光、WB(オート)、700ミリ、CC2017
POWER SHOT S120
posted by こーぼう at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする